HOME > SFC研究所とは

所長挨拶

慶應義塾大学 SFC研究所所長 飯盛義徳

オープン・イノベーションをもたらす
先導的な知行のプラットフォーム

SFC研究所は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)内外の知の相互作用によってイノベーションをもたらし、明るい未来を創造する先導拠点として邁進します。

SFCは、1990年の開設以来、「未来を創るキャンパス」を標榜し、従来の学問領域に拘泥することなく、「問題発見・解決」を中軸に据え、「知の再編」を嚮導してきました。キャンパスでは、多様な、かつ豊潤な実践知が生まれ出づる処になり、まさに百花繚乱の様相を呈しています。

その中で、SFC研究所は1996年に発足。国内外を問わず、産官学からの多彩な訪問研究者と一緒に、ダイナミックな知の相互作用を促し、オープン・イノベーションをもたらすプラットフォームとして寄与してきました。現在、SFC研究所は、30を超える「ラボラトリ」、20を超える「SFC研究コンソーシアム」を擁しています。このように産官学連携による先端的な知の創造において、圧倒的な経験、実績があります。研究成果は、毎年、「Open Research Forum(ORF)」にて世に問い、また新しい進化を遂げています。

さらに、インキュベーションを物心両面から支える制度も充実しています。慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)では、起業家やベンチャー企業にオフィススペースを提供し、さまざまな事業創造のための支援、サービスを提供。
その結果、営利、非営利を問わず、多彩な起業家を輩出しています。

このように、SFCには、研究成果を社会に還元するためのさまざまな仕組みが整っています。そして、イノベーションを巻き起こすために必要な、「面白い」を共有できる文化が醸成されているといえるでしょう。

福澤諭吉は、『学問のすゝめ』で、「学問の要は活用に在るのみ。活用なき学問は無学に等し」(十二編)と論じています。躬行実践、自我作古の精神で、活用ある学問を推進します。そして、いつまでも変わり続けるということをいつまでも変わらない志として、皆さまとともに明るい未来創造に挑みたいと念願しています。今後ともご理解、ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

慶應義塾大学 SFC研究所
所長 飯盛義徳