HOME > SFC研究所とは

概要

先端的研究の遂行と研究成果の社会への還元

1996年7月に慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科、総合政策学部、環境情報学部の附属研究所として発足したSFC研究所は、21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、SFCにおける教育・研究活動と、産官学および国内外のあらゆる関連活動との双方向の協調関係を育みながら諸科学協調の立場から先端的研究を行い、社会の発展に寄与することを目的としています。

この目的を達成するための具体的施策として、(1)調査研究の企画・実施(2)外部機関との研究プロジェクトの推進などを行っており、SFC研究所の特徴でもある、大学主導による複数機関との共同研究「SFC研究コンソーシアム」では、17件のプロジェクトが稼動しています(2013年5月現在)。また国・地方公共団体、民間企業などからは、年間約180件、総額約10億円(いずれも2012年度実績)の研究を受託しています。これらの研究は、SFCの専任教員を中心とする研究所上席所員(常勤)・上席所員(特任)・所員(特任)だけでなく、外部からの450名を越える上席所員・所員と共に実施されています。

SFC研究所ではこの他にも、(3)国内外の大学・研究機関との協力、提携、交流(4)研究会・シンポジウムおよび啓蒙活動の企画、開催(5)研究成果の公開や講師派遣などを行い、研究成果の社会への還元に努めています。


設立経緯

慶應義塾大学は1990年、大きく転換する情報環境に柔軟に対応できる研究・教育の場を目指し、既存の学問成果を横断的に再編成する全く新しいコンセプトに基づき、総合政策学部と環境情報学部の2学部を擁する湘南藤沢キャンパス(SFC)を開設しました。

開設の翌1991年には、両学部の附属研究所である総合政策研究所及び環境情報研究所、更に言語コミュニケーション研究所を加えた3研究所を設置。また、1994年には大学院政策・メディア研究科修士課程を、1996年には同後期博士課程を新設し、これを機に3研究所を発展的に解消しそれらを統合した形で、1996年7月、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科、総合政策学部、環境情報学部附属SFC研究所(以下「SFC研究所」)を設立しました。SFC研究所は2013年4月より、大学院政策・メディア研究科、大学院健康マネジメント研究科、総合政策学部、情報環境学部、看護医療学部の附属研究所となり、今まで以上に幅広い領域に渡る活動を行なっています。


沿革

1990湘南藤沢キャンパス(SFC)に、総合政策学部・環境情報学部を開設
1991総合政策研究所・環境情報研究所・言語コミュニケーション研究所の3研究所を開設
1994大学院政策・メディア研究科修士課程を開設
慶應義塾大学湘南藤沢研究協力機構(SFC研究コンソーシアム)を設置
1996同後期博士課程を開設
3研究所を統合し、大学院政策・メディア研究科、総合政策学部、環境情報学部附属SFC研究所を開設
20003,500平方メートルにおよぶ2 つの研究スペースΔ(デルタ)館、ν(ニュー)棟 竣工
ν棟 Δ棟
2001看護医療学部を開設
SFC研究所内にラボを設置(ラボ制度開始)
2002大学院政策・メディア研究科、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部附属SFC研究所に組織名称変更
2013大学院政策・メディア研究科、大学院健康マネジメント研究科、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部附属SFC研究所に組織名称変更

組織

SFC研究所は、所長、副所長、上席所員(常勤)・上席所員(特任)・所員(特任)、上席所員・所員で構成されています。上席所員(常勤)・上席所員(特任)・所員(特任)はSFCの教職員を中心に国内外の研究者で構成され、SFC研究所プロジェクトの企画・提案・実施・評価に携っています。現在、民間企業や研究所、官公庁・地方自治体、他大学などに所属する数多くの方々が、上席所員・所員としてSFC研究所における研究活動に携っています。

また、SFC研究所内には、同じ研究領域に携る上席所員(常勤)・上席所員(特任)・所員(特任)、上席所員・所員がラボを組織して研究活動に従事しています。現在、以下のラボが設置されています。

研究者数(2017年9月29日現在)
上席所員(常勤)・上席所員(特任)・所員(特任)281名
上席所員・所員481名(上席所員: 317名、所員: 164名)
合計:762名

設置ラボ
キャリア・リソース・ラボ
インターネット・リサーチ・ラボ
システムバイオロジー・ラボ
Auto-ID・ラボ
ユビキタスコンピューティング&コミュニケーション・ラボ
プラットフォーム・デザイン・ラボ
地域協働・ラボ
オープン無線プラットフォーム・ラボ
アグリインフォサイエンス・ラボ
AIイノベーション・ラボ
日本研究プラットフォーム・ラボ
インターネットと社会・ラボ
ヘルスサイエンス・ラボ
健康情報プラットフォーム・ラボ
看護ベストプラクティス研究開発・ラボ
生物多様性研究・ラボ
ソーシャル・ファブリケーション・ラボ
東西ライフサイエンスイノベーション・ラボ
スポーツ・ダイナミクス・インフォマティクス・ラボ
環境−文化再生デザイン・ラボ
データビジネス創造・ラボ
医療倫理・医療安全教育研究・ラボ
イスラーム研究・ラボ
社会イノベーション・ラボ
ケースメソッド・ラボ
インテリジェントホーム・ラボ
先端ウェブアーキテクチャ・ラボ
戦略的データ分析・ラボ
地球システムガバナンス湘南藤沢リサーチ・ラボ
価値社会プラットフォーム・ラボ
ドローン社会共創・ラボ
OGI調査推進・ラボ
ゆるいコミュニケーション・ラボ
エイジレス・アカデミー・ラボ
リーガルデザイン・ラボ
湘南慶育病院連携・ラボ
AI社会共創・ラボ
ブロックチェーン・ラボ
知的未来都市創造・ラボ
ランニングデザイン・ラボ
アドバンスド・パブリッシング・ラボ
AOI・ラボ
社会安全政策・警察学・ラボ
xSDG・ラボ

グローバルな研究活動

SFC研究所は、Webの可能性を最大限に引き出すべく設立された会員制の国際産業コンソーシアム World Wide Web Consortium (W3C)の東アジア担当ホストとして、アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所(MIT CSAIL)、 フランスに本部を置く欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)とともに、1996年9月よりW3Cの協同運営にあたっています。また、最先端の自動認識技術の研究開発と、その利用および標準化を目指す国際的な非営利研究組織「Auto-IDラボ」(本部:マサチューセッツ工科大学)の日本における研究拠点「Auto IDラボ・ジャパン」の一端も担っています。