HOME > 研究活動 > SFC研究コンソーシアム

マルチメディア学習ネットワーク
MMNET:MultiMedia Learning NETwork

MMNET このプロジェクトでは、マルチメディア技術とコンピュータネットワーク技術の進展を背景に、大学における新しい学習環境を構築・実現し、実証的な評価を含めた研究開発を行っていきます。

連絡先:安村 通晃  E-mail:yasumura@sfc.keio.ac.jp
概要報告:[PDF | HTML]

背景

近年のネットワーク技術とマルチメディア技術の進歩は著しく、コンピュータを用いた新しい学習環境の構築のために、これらとコンテンツ作成やコースウェア作成の技法とを有機的に結び付けた研究開発のニーズが高くなっています。

課題

システム開発の技術だけでなく、教師のもつ教育方法論に立脚したマルチメ ディア学習環境の構築を行うことが課題です。

特徴

このプロジェクトでは、国際化に対応した外国語教育と情報化に対応した情報処理教育を2つの柱としています。技術的には、発音訓練など能動的学習やモバイル、実世界指向を重視したものに重点を置いています。

現状

UNIX上で情報処理教育用などを含むオーサリングシステムMIOを開発し、同じくUNIX上で外国語教育用システムMALL(Multimedia Assisted Language Learning)を開発してきました。MALLについては最近、Windows上でも動作可能となりました。MALLを含む外国語教材として中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語が作られ、実際にSFCの教育で利用されています。

予想される成果

マルチメディアとネットワークを教育や学習の場にどのように生かすかといった具体的知見、各種のオーサリングシステムやコースウェアがこのプロジェクトの成果となります。

研究担当者

(所属はコンソーシアム終了時のものです)
担当者名 所属
斎藤 信男 常任理事 環境情報学部教授
  安村 通晃 環境情報学部教授
  萩野 達也 環境情報学部教授
  服部 隆志 環境情報学部准教授
  重松 淳 総合政策学部教授
  山本 純一 環境情報学部教授
  平高 史也 総合政策学部教授
  藁谷 郁美 総合政策学部准教授
  古石 篤子 総合政策学部教授
  国枝 孝弘 総合政策学部准教授
  仰木 裕嗣 環境情報学部専任講師