HOME > 研究活動 > SFC研究コンソーシアム

VSI (Virtual System Institute)

VSI

本コンソーシアムは終了致しました。

VSI(Virtual Systems Institute)プロジェクトは最新のデジタル技術を活かして、新しい社会やビジネスの実現をめざす学際的なプロジェクトです。

  • 網膜カメラを活かした、住みやすい環境の実現や新しいコミュニケーション手段の開発
  • 最新ネットワーク技術を活かした高齢者にやさしい地域コミュニティの実現
  • デジタル技術の開発により大きく変化する経営組織のあり方
  • 情報コミュニティ、通信技術の進歩による新しい働き方の研究
  • 地域に密着した医療法人を対象にしたウェルネスコミュニティの構築
  • 多国籍企業を対象にしたバーチャルサポートシステムの研究
  • 組織EQ、ナレッジマネジメント、情報共有化の仕組みの研究
  • 感性検索システムの組織への適応研究
など多様な領域の研究を実践しています。

参加組織数: 1
連絡先:花田 光世 hanada[at]sfc.keio.ac.jp / 武藤 佳恭 takefuji[at]sfc.keio.ac.jp
pdflogo 印刷用PDF (2013年5月現在)

研究成果の応用

このプロジェクトから生まれた研究成果は、インターネット・マンション、網膜カメラや触覚マウスのe-コマースへの応用、最新の企業内経営幹部教育の実践とそれを通じたコーポレート・ベンチャーの設立、自律型人材育成プログラムの運営とそれをサポートするネット上でのセルフ・アセスメントやジョブサーチ・マッチングなどのプログラムなどに応用され、現実社会への問題解決に利用されています。

今後の研究テーマ

遠隔授業、ウエッブベースの教育などの技術、あるいは新しい働き方をサポートする企業のナレッジマネジメントの仕組みの研究の実践、 さらには高齢者や障害者の社会参加を促すメカニズムを開発し、社会にやさしい技術とビジネスの融合を目指します。

研究担当者

担当者名 所属
花田 光世 総合政策学部教授
  武藤 佳恭 環境情報学部教授
  村上 恭一 政策・メディア研究科特任教授