HOME > 科学研究費助成事業 > 湘南藤沢キャンパス採択課題一覧(H28年度)

科学研究費助成事業
湘南藤沢キャンパス採択課題一覧(H28年度)

| 総合政策学部 | 環境情報学部 | 政策・メディア研究科 | 看護医療学部 |
(敬称略)

総合政策学部
No. 研究種目 研究代表者 職名 研究課題名
1 基盤研究(A) 中室 牧子 准教授 貧困と災害の教育経済学:社会的不利や困難に打ち勝つ子どもをどう育てるか
2 基盤研究(B) 加茂 具樹 教授 中国一党支配体制の形成と変容:歴史的制度論からの考察
3 基盤研究(B) 氷上 正 教授 近現代中華圏の伝統芸能と地域社会〜台湾の皮影戯・京劇・説唱を中心に
4 基盤研究(C) 河添 健 教授 非可換調和解析における多次元特異積分論の構築ー実解析と表現論を融合した新たな手法
5 基盤研究(C) 後藤 純一 教授 TPP協定が日本の外国人労働者問題に及ぼす影響の国際労働経済学的分析
6 基盤研究(C) 小暮 厚之 教授 モデル不確実性を考慮したベイジアン・プライシング法の構築とその長寿リスクへの応用
7 基盤研究(C) 宮垣 元 教授 阪神・淡路大震災後におけるNPOと地域コミュニティの相互作用過程の検証
8 基盤研究(C) 清水 唯一朗 准教授 選挙区割と地域政治の基礎的研究
9 基盤研究(C)
特設分野研究
廣瀬 陽子 准教授 凍結された紛争:その予防と積極的平和の模索
10 基盤研究(C) シュレンドルフ,
レオポルト
訪問講師 現代ドイツ文学におけるオートフィクションの諸相
11 基盤研究(C) 中川 純子 講師(非常勤) 発音学習の効率化に向けた最重要習得項目特定とそれに伴う発音教材の開発研究
12 挑戦的萌芽 加茂 具樹 教授 現代中国における民主制度の政治的役割に関する研究
13 挑戦的萌芽 中室 牧子 准教授 小規模保育が子どもの発達や健康に与える効果
14 若手研究(B) 琴坂 将広 准教授 専門的経営人材とボーングローバル企業:急速な国際化における組織能力獲得過程の探索
15 研究活動スタート支援 和田 龍磨 准教授 経常収支と輸出入産業からみる原油価格の変化と日本経済
16 研究活動スタート支援 高木 丈也 講師 朝鮮語延辺方言における発話文生成の研究
17 研究成果公開促進費
・学術図書
小熊 英二 教授 The Boundaries of‘the Japanese’,volume 2
18 国際共同研究強化 廣瀬 陽子 准教授 ポストウエストファリア体制の国家像の模索:
環境情報学部
No. 研究種目 研究代表者 職名 研究課題名
19 基盤研究(A) 今井 むつみ 教授 言語記号が(非)恣意的である理由と利点:進化・発達・脳機能の総合的検討
20 基盤研究(B) バンミーター, ロドニー 准教授 Quantum Sockets: Programming Quantum Repeater Network Testbeds
21 基盤研究(C) 一ノ瀬 友博 教授 日独の比較による普遍的な里山ランドスケープの生物多様性評価手法の確立
22 基盤研究(C) 諏訪 正樹 教授 体感辞書を備えたインタラクティブツールにより触覚を研ぎすます生活実践のデザイン
23 基盤研究(C) 秋山 美紀 准教授 在宅高齢者と介護者の食生活と栄養を支援するプログラムの開発
24 基盤研究(C) 植原 啓介 准教授 階層間の影響を考慮した無線メッシュネットワーク技術の開発
25 基盤研究(C) 高汐 一紀 准教授 論理的身体感覚形成のための分散知覚共有ネットワークとその評価
26 基盤研究(C) 三次 仁 准教授 電波伝播特徴量を用いたRFID読み取り空間フィルタの実現
27 挑戦的萌芽 今井 むつみ 教授 色語の習得が難しい理由――色語彙システム創発と発達過程の多言語比較研究
28 挑戦的萌芽 牛山 潤一 准教授 運動誤差の修正に関わる感覚運動統合の機序を脳波筋電図コヒーレンスから解明する
29 若手研究(B) 青山 敦 講師 脳リズム構造に着目したマルチモーダル感覚情報処理機構の解明
30 若手研究(B) 佐野 ひとみ 講師 心筋細胞発生過程において恒常的な収縮の維持に関わる要素の探求
政策・メディア研究科
No. 研究種目 研究代表者 職名 研究課題名
31 新学術領域 福田 真嗣 特任准教授 腸内細菌叢がもたらす宿主細胞老化機構の解明
32 基盤研究(B) 渡辺 光博 教授 胆汁酸−腸内細菌−生体シグナル伝達相互作用解明による生活習慣病個別化医療の推進
33 基盤研究(B) 福田 真嗣 特任准教授 腸内細菌が有する腸内環境定着因子の網羅的解析
34 基盤研究(C) 井上 浄 特任准教授 老化関連T細胞の機能解析
35 基盤研究(C) 藤原 正幸 特任助教 OsRac1が制御するイネ免疫システムの新規因子MD-2に関する研究
36 挑戦的萌芽 大庭 真人 研究員 養育者と子どもの相互行為に現れる即興的な物語の特質と構造
37 若手研究(B) 谷川 哲朗 特任助教 片側前腕欠損者による左右同時ストロークの水泳技能向上を目的とした指導方法の提案
38 若手研究(B) 田畑 祥 特任助教 肺がん上皮間葉転換の代謝特性の解明および治療法の開発
39 若手研究(B) 平山 明由 特任助教 メタボローム解析を駆使した新規腎疾患診断マーカーの開発
40 研究活動スタート支援 東海林 祐子 准教授 コーチングのジレンマの解決に向けたライフスキルコーチの育成
看護医療学部
No. 研究種目 研究代表者 職名 研究課題名
41 基盤研究(C) 近藤 好枝 教授 自然分娩における分娩第挟持続時間が母児の周産期リスクの発生率に及ぼす影響
42 基盤研究(C) 杉本 なおみ 教授 二職種間意思決定プロセスを円滑にする教育プログラムの開発と評価
43 基盤研究(C) 宮脇 美保子 教授 臨床倫理における看護師の役割と支援システムの構築
44 基盤研究(C) 宮川 祥子 准教授 看護×Fab:デジタルファブリケーションによる看護用具・用品の製作に関する研究
45 基盤研究(C) 原田 通予 講師 看護師・助産師のWork Engagementの要因と組織効果に関する探索研究
46 基盤研究(C) 藤本 久江 助教 非妊娠時やせの妊婦の妊娠週数別体重増加量と出生体重に関する研究
47 基盤研究(C) 本間 聡起 講師(非常勤) 遠隔診療の精度向上をめざしたユーザーインターフェース改善のための研究開発
48 挑戦的萌芽 藤井 千枝子 教授 パーキンソン病患者の療養生活支援―継時的調査と動作分析による生活援助技術の科学化
49 挑戦的萌芽 辻 恵子 准教授 遺伝子検査を考慮するがん患者のための対話型決定支援プログラムの開発
50 挑戦的萌芽 太田 喜久子 教授 ハプティクス技術を活用した介護ロボット開発過程における評価ツールの作成
51 若手研究(B) 石川 英里 助教 行政保健師への市民からの暴言・暴力に関する研究:実態と行政機関の対応方針の分析
52 若手研究(B) 真志田 祐理子 助教 大腸切除術後高齢者の生活機能の回復・維持を目指すフォローアッププログラムの開発