HOME > 研究活動 > ラボラトリ

湘南慶育病院連携・ラボ
Shonan Keiiku Hospital Collaboration Laboratory


2016年10月1日開設
代表者:村井 純(環境情報学部教授)
連絡先:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス村井研究室 (junsec[at]sfc.wide.ad.jp
印刷用ページ(2017年11月現在)

目的

本ラボラトリは、SFC(総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部、政策・メディア研究科、健康マネジメント研究科)とSFCに隣接して設立される湘南慶育病院との共同研究を実施し、次世代の医療に資するシステムの開発、実証、普及促進をおこなうことを目的とする。

我が国は、今後、急速に高齢化社会に向かうと予測されている。このため、高齢者の健康維持や医療費の削減が大きな課題となっている。現在の医療行為は、病院や診療所におけるものが主である。一方で、インターネットが普及し、家庭においても様々なバイタル計測やテレビ電話の活用ができるようになった。このような社会背景を鑑み、ICT時代の医療を根本から見直し、研究開発や実証、社会受容性の検討などをおこない、その普及促進を目指す。

研究活動計画の概要(2016年)

湘南慶育病院の設立準備期間であるため、具体的な開発・実証などは行わず、次世代医療のコンセプトづくりを行う。我が国においては、病床数や医療費の面から、回復後の早期の退院を推奨している。一方で、患者は不安を覚えることも少なくなく、退院後の経過観察などを求めている。このような現状を鑑み、家庭と病院の連携のありかた、そのシステム構成などについて検討を行う。また、病院開設後の実証の計画を立案する。

メンバー 所  属
村井 純 環境情報学部教授:ラボ統括
  河添 健 総合政策学部長・教授:ラボ統括補佐
  小松 浩子 看護医療学部長・教授:看護医療
  植原 啓介 環境情報学部准教授:遠隔健康支援
  宮田 裕章 医学部教授:医療政策
  渡辺 光博 政策・メディア研究科教授:医療共同研究
  竹川 節男 政策・メディア研究科特任教授(非常勤):病院経営
  松本 純夫 SFC研究所上席所員:次世代医療戦略