Keio SFC Yellow Page

トップ > 研究一覧「メディア系:インフォーメーションテクノロジ」
分 野 名
メディア系:インフォーメーションテクノロジ(22 件)

M-IT : メディア系:インフォーメーションテクノロジ
World Wide Web Consortium (W3C) / ワールド ワイド ウェブ コンソーシアム
■ 組織概要 World Wide Web Consortium (W3C)は、会員組織、専任スタッフ、そして一般の皆様が一丸となってWeb標準の策定に取組む国際的なコンソーシア・・・
【キーワード】1.W3C/2.Web/3.インターネット/4.標準/5.コンソーシアム
萩野 達也
セマンティックWeb委員会
現在、我々の日常生活においてはインターネットの普及により、欲しい情報が、いつでもどこでも簡単に手に入るようになった。しかし一方で、情報の氾濫により、有益な情報が大量の情報の中に埋も・・・
【キーワード】1.セマンティックWeb/2.オントロジー/3.Linked Data/4.RDF
萩野 達也
MINTS : Mixed Interaction Surface
【背景】 現在,実世界の情報に仮想情報を付加する技術の総称として「Mixed Reality(複合現実感)」という分野に注目が集まっています.Mixed Realityにおいては・・・
【キーワード】1.Mixed Reality/2.メタファ/3.実世界指向インタフェース/4.Ubiquitous Computing/5.共有ディスプレイ
徳田 英幸
SHINE: SCTPを用いた単一無線インタフェースによる複数ネットワーク間のローミング機構
近年計算機の小型化が進み,ノートパソコンや PDA が普及している.また,公衆無線 LAN サービスや教育機関など,多くの場所で無線ネットワークが提供され,至るところでインターネッ・・・
【キーワード】1.インターネット/2.無線/3.ローミング/4.ユビキタス/5.SCTP
徳田 英幸
TranSwitch:トランスポート層におけるプロトコル切替機構
近年、ネットワークの広域化や無線ネットワークの普及などによってネットワーク環境が多様化したことにより、各ネットワーク環境に特化したTCP・UDPが数多く提案されています。しかし現在・・・
【キーワード】1.新規プロトコル/2.広帯域ネットワーク/3.最適化/4.適応機構/5.トランスポートレイヤ
徳田 英幸
u-Texture2:ユビキタスサービスを創造する自由に組み替え可能なユニバーサルパネル
□概要 u-Textureは利用者によって組み立て可能であり,組み立てられた形状に対応して自己組織化できるユニバーサルパネルです.利用者からの入力なしに,組み立てられた全体形状,・・・
【キーワード】1.自己組織化/2.ユニバーサル・パネル/3.ブロック・マテリアル/4.ユビキタスコンピューティング/5.コンテキストアウェアネス
徳田 英幸
あしナビ:主張するアンビエントナビゲーションシステム
【概要】 「あしナビ」は美術館や店舗などの室内空間で「歩く足あと」があなたを誘導するナビゲーションシステムです。限られた室内空間におけるナビゲーションでは、変化する利用者の位置や・・・
【キーワード】1.ユビキタスコンピューティング/2.ナビゲーション/3.アンビエントインタフェース/4.インタフェースエージェント/5.インタラクション
徳田 英幸
喝采: センサノードを用いた無意識的階級付け機構
近年センサノードを日常環境に配置し、人々の日常生活をサポートするための情報を取得する研究が盛んである。本デモンストレーションでは、uPart と呼ばれるドイツ・カールスルーエ工科大・・・
【キーワード】1.ユビキタスコンピューティング/2.センサネットワーク/3.Smart-Its/4.コンテキストアウェアネス/5.MEMS テクノロジ
徳田 英幸
俺デスク:机上での作業履歴を基にした作業状態想起支援
【概略】 PCユーザは文書や画像,映像,音楽のデータなどを日々PC上で閲覧するが,その課程において,過去に見たデータを再度閲覧する状況が想定される.しかし,目的のデータを過去の膨・・・
【キーワード】1.履歴検索/2.データ間関連度/3.データ着目度/4.データマイニング/5.ユビキタスコンピューティング
徳田 英幸
スマート環境を実現するユビキタスコア基盤技術の研究開発
日常生活のいたる所でコンピュータによる情報活用が図れるユビキタスコンピューティング社会の到来とともに、これを実現するためのインフラ整備、技術整備が進められている。 しかしながら、・・・
【キーワード】1.ユビキタスコンピューティング/2.スマートモバイル端末/3.オープンプラットフォーム/4.環境適応技術/5.コンテクストアウェアネス
徳田 英幸
ネットビジネスイノベーション研究コンソーシアム
【目的】 本コンソーシアムでは、日本におけるネット上での技術やサービス、ビジネスのイノベーション創出のプロセスや、イノベーション推進を阻害する要因、さらにはイノベーションがもたら・・・
【キーワード】1.インターネット/2.ビジネス/3.イノベーション/4.ライフログ/5.政策
國領 二郎
Asian Internet Interconnection Initiatives Project (AI3 Project)
AI3プロジェクトでは、衛星回線を用いてアジア地域の広域インターネット基盤を構築し、ネットワークや衛星回線の運用、および本基盤上での研究開発を行っています。 本プロジェクトは19・・・
【キーワード】1.IPネットワーク/2.衛星通信/3.国際貢献/4.人材育成/5.マルチキャスト
村井 純
DVTS(Digitized Video Transport System)コンソーシアム
本コンソーシアムは、高品位動画像配信システムの中核をなすアプリケーションである「DVTS(Digital Video Transport System)」を、産学共同で発展させ、会・・・
【キーワード】1.高品位動画像配信/2.Digital Video/3.IPネットワーク/4.IEEE1394/5.放送システム
村井 純
Auto-ID
Auto-IDラボは、最先端の自動認識技術の研究開発とその利用および社会への普及促進を目指す研究組織です。Auto-IDラボは、1999年に旧 Auto-IDセンタとして米国ボスト・・・
【キーワード】1.RFID/2.EPC
村井 純
次世代Web応用技術・ラボ
本ラボは、広く普及してきたWeb技術を基盤として、次世代Web応用技術を研究し、世界に先駆けたWeb応用ビジネス基盤を構築することを目指す。特に、日本市場の特徴である、高速インター・・・
【キーワード】1.ウェブ標準/2.セマンティックウェブ/3.オープンモバイルプラットフォーム/4.機器連携/5.技術戦略
村井 純
情報技術による製造現場の革新
世界最高レベルといわれる日本の製造技術ですが、その現場には高齢化の波が押し寄せ、またアジア諸国と比較した人件費の高さに収益性悪化が問題となっています。 本研究は、精密機械加工、食・・・
【キーワード】1.製造業/2.プラント/3.センサネットワーク/4.ユビキタス
神成 淳司
IT活用による固体光学デバイスの産業応用
独立行政法人理化学研究所 光グリーンテクノロジー特別研究ユニットとの共同研究プロジェクトです。固体LEDレーザを活用した、各種計測デバイス、並びにそれらを活用したソリューションの研・・・
【キーワード】
神成 淳司
インターネットセキュリティ (Internet Security Center)
日々変化するインターネット上のセキュリティ脅威環境を継続的に監視分析し、グローバルネットワーク上の脅威評価、判定、勧告等の発信を行っています。具体的な研究内容は以下があげられます。・・・
【キーワード】1.情報セキュリティ/2.ネットワークセキュリティ/3.マルウェア/4.不正アクセス対策/5.侵入検知
武田 圭史
次世代ネットワーク環境におけるセキュリティ技術
インターネットの実運用環境への導入が進むIPv6, DNSSEC, OpenIDなどのプロトコルのセキュリティやケータイWebなど今後のネットワーク環境におけるセキュリティの課題解・・・
【キーワード】1.情報セキュリティ/2.IPv6/3.DNSSEC/4.OpenID/5.携帯電話
武田 圭史
不正プログラム(マルウェア)の解析と対策技術
・・・
【キーワード】1.情報セキュリティ/2.マルウェア/3.コンピュータウイルス/4.ソフトウェア解析/5.リバースエンジニアリング
武田 圭史
マルチメディアデータベースを対象とした感性情報検索と知識発見の研究
近年,WWWの目覚ましい発展に伴い,広域ネットワーク上に多種多様なメディアデータ(画像,音楽,テキストなど)が提供されるようになってきている.そうした状況においてマルチメディアデー・・・
【キーワード】1.マルチメディアデータベース/2.感性と印象/3.音楽/4.画像/5.映像
清木 康
インターネットを利用したバーター通貨基盤とその応用
バーター通貨とは、物々交換を支援するために、必要なときに生まれ、必要がなくなれば消える通貨です。 インターネット上の peer 間で利用できるバーター通貨は、利己的な pee・・・
【キーワード】1.通貨/2.P2P/3.自律分散/4.i-WAT/5.インターネット
斉藤 賢爾



Copyright (C) 2005, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.