2010年度 森泰吉郎記念研究振興基金 研究者育成費 報告書

所属:政策・メディア研究科後期博士課程

氏名:上原和甫

研究課題:東北タイ農村社会に見る資源と福祉

 

■研究成果の概要

本年度は、20048月から継続的に実施しているタイ東北部コンケン県農村部におけるインタビュー調査を一層進展させ、さらに3つの国際学会において口頭発表を行い、報告論文を一本、査読論文を一本執筆することができた。

6月には韓国光州全南大学において開催された日韓次世代学術フォーラム第7回国際学術大会に参加し、口頭発表「エンパワーメントの地域資源と創意―市場経済浸透と農村部低収入層の対応」(発表言語:日本語)を行った。この発表内容に基づき執筆した査読論文は2011年に刊行される雑誌『次世代社会人文研究第7号』に採録される予定である。7月にはタイ東北部コンケン県で国際会議The Third International Conference on Lao Studiesに参加し、口頭発表The Human Security after a Great Transformation : Fuctionings of Community Groups in Rural Northeast Thailand(発表言語:英語)を行った後、コンケン県内の調査村を訪問しインタビュー調査を実施した。9月にはフィリピンのビコール県レガスピにおいて開催された国際会議Asian Rural Sociology Association 4th International Conferenceで口頭発表The life after a Great Transformation : Social Capital and Community Groups in Rural Northeast Thailand(発表言語:英語)を行った。なお発表内容をまとめた英文の報告論文は20113月に出版される雑誌に採録される予定である(査読なし)。コンケン県における米の収穫期にあたる11月には、調査村を再度訪れ、「ロンケーク」と呼ばれる労働交換に著者自身も参加し、村内の互酬的な慣習の実態に関する調査を行った。

今後は、2011224から38日にわたって実施する最終的な現地調査のデータを加え、現在執筆中の論文を早急に書きあげ、博士論文の執筆作業を進め、一日も早い学位の取得を目指す。

 

■発表

上原和甫

 

 

 

Masatoshi Uehara

 

 

 

 

 

Masatoshi Uehara

 

 

 

 

 

上原和甫

 

 

 

『エンパワーメントの地域資源と創意―市場経済浸透のインパクトと農村部低収入層の対応』

 

The Human Security after a Great Transformation : Fuctionings of Community Groups in Rural Northeast Thailand

 

The life after a Great Transformation : Social Capital and Community Groups in Rural Northeast Thailand

 

『福祉の地域資源と創意:市場経済浸透のインパクトと農村部低収入層の対応』(査読あり)

 

日韓次世代学術フォーラム第7回国際学術大会

 

 

The Third International Conference on Lao Studies

 

 

 

Asian Rural Sociology Association 4th International Conference

 

 

『次世代人文社会研究』第7

 

2010626

 

 

 

14 July 2010

 

 

 

 

 

8 September 2010

 

 

 

 

 

2011年発行予定