2011年度森基金 研究活動報告書

 

 

政策メディア・研究科M2(PS)

大場英幹 hoba9350@sfc.keio.ac.jp

研究科題名:薪能におけるネットワークに関する研究

 

 

                         1.研究課題

                          本研究課題の目的は、本研究の目的は能楽を対象としその実態を把握した上で、全国各地で行われる「薪能」における実行委員会と地域のつながりについて明らかにすることであった。

                           そこで、「薪能に関する実態調査2011」と題して、全国で行われる薪能(2010年度:計126カ所)を対象としたアンケート調査を実施した。実施主体は、筆者であり、送付先は薪能実行委員会、

                            自治体、寺院、神社など多岐にわたるため、送付前に能楽雑誌、主催者サイト、自治体サイト、スポンサーサイトなどで調べまた、電話・メールなどのコミュニケーションを用い主催者をできる限

                            り特定し調査票を送付した。そもそも、薪能は4月〜10月の間の一時期だけ(主に8-11月に集中する)各地で行われるため、事務局も仮設の場合や一時的設置の場合が多く送付先の方には

                            様々なご協力をいただいた。

                          本基金なくして実態調査を敢行することはできなかったため、本報告書においては筆者修士論文の岩盤にもなっている実態調査における結果を簡単に報告する。

 

                            2アンケート調査設計

                      1. 目的

                            本調査は、全国で行われる「薪能」について正確な資料や数などこれまで把握されてこなかった「薪能」について、概況と運営実態、支援関係、薪能がもたらした効果、主催者が考える継続

                            要因を把握する目的で行った。

                      2. 質問項目

                           本調査では、以下の項目について選択式/五段階評価/自由記述を交えて回答を依頼した。

 

                                          (1) 薪能の現況

                                            (a) 継続回数      (b) 観客数        (c) 観客居住地

                                            (d) 主催者組織構成       (e) 主催者主導形態       

                      (2) 薪能の特色

                                            (a) 宗教的意義   (b) 目的                      (c) 能楽師との関係

                                            (d) 他地域薪能との関係  (e) 効果                       (f) 継続要因

                                            (g) 歴史                      (h) 支援関係                (i) 収支

                                            (j) 課題

                      3.アンケート調査の詳細

 

                      【調査期間】

                      2011年10月14日〜12月末日

 

                      【対象】

                      全国で行われる薪能の主催者

 

                      【質問形式】

                      選択、一部自由回答の自記式

 

                      【質問調査票項目の作成方法】

                     インタビュー調査を基にアンケート項目を作成した。

                      事前のインタビュー調査とは、7月の土浦薪能倶楽部並びに土浦市教育委員会での調査。8月の筑西市下館薪能実行委員会並びに筑西市教育委員会への調査。

                      10月の和歌の浦万葉薪能の会訪問調査のことである。また、また、開催地数か所に電話でのヒアリング調査を行った。

 

                             回収率は、64.2%であった。その回収データより明らかになった薪能における(1)特徴(2)規模については下記のようにまとめられる。

 

                            (1)特徴

                                薪能の特徴

                                            (1)薪能は民間主導(全体の78%)で行われている

                                            (2)神事などの宗教的意義をもった開催地は少ない(21%)

                                            (3)薪能の目的は地域活性(観光・経済的側面)が最も多い

                                            (4)薪能の目的の中で神事・祭礼が最も少ない。

                                            (5)主催者は、自治体と市民が大きく関与している

                                            (6)ローカルコミュニティで運営されている(能楽愛好者以外の関与が多い)

 

                            (2)規模

                      薪能の規模

                                            (1)500万円以内の予算開催地が最も多い

                                            (2)収支は80%の開催地黒字ではない

                                            (3)観客は開催地域からの顧客が多い

                                            (4)観客は500-1000人が47%と最も多い

 

                             以上が薪能実態調査から集計データから得た特徴と規模のまとめである。以下に、特に薪能公演の特徴を把握する上で基盤となると思われる@目的A主催者B継続回数C予算に

                            ついて述べ2011年度森基金の報告書としたい。

 

                      1.薪能の目的

                          目的については、@まちづくりA地域活性(観光・経済)B地域活性(市民活動醸成)C神事・祭礼D教育(子供・生涯教育)E能楽普及・芸能振興F地域への文化教育G文化行政

                         H地域のイメージアップという9の選択肢を設け(複数選択可)実施した。

                         最も選択件数が多かった目的は、「地域活性(観光などの経済的側面)」であった。ついで、「文化教育」、「能楽普及」と続いた。もっとも選択件数が少なかったのは「神事・祭礼」で

                         あった(表1-2)。薪能の目的としては、薪能を通して経済的な側面を刺激しつつ能楽の普及も行うという目的を掲げている開催地が多いことが分かった。

                          また、最も選択件数の少ない選択肢の「神事・祭礼」のような宗教的目的をもつ薪能は全体の16%にしかすぎず、残りの84%は神事・宗教的なものではないという回答であった(図1-1)。

                          ただし、神事・宗教的目的をもつから即座に宗教団体が主催というわけではなく、民間の主催者でも行政が主催者である場合でも宗教的な目的を持つ場合があった(表1-1)

                                                                                                             

 

                                                                                                                             図1-1【薪能の神事・宗教性】

 

 

 

薪能名

継続回数

主催者

1

神田明神薪能

9

民間

2

八ヶ岳薪能

21

神社

3

大阪薪能

28

神社

4

増上寺薪能

28

寺院

5

国宝松本城薪能

30

行政

6

明治神宮薪能

30

民間

7

富松薪能

32

民間

8

成田山薪能

34

寺院

9

日前宮薪能

36

神社

10

相模薪能

42

神社

11

出水薪能

52

神社

12

鎌倉薪能

53

民間

 

 

 

 

                                                                         

                                                                         表1-2【薪能主体者別目的】

 

寺院神社

行政

民間

総合

まちづくり

0

2

21

23

地域活性

5

5

28

38

地域活性

1

0

13

14

祭事

6

0

4

10

教育

1

2

13

16

能楽普及

7

4

25

36

文化教育

5

6

23

34

文化行政

1

6

9

16

地域イメージ

0

10

10

20

                          2. 主催者

 

                          次に主催者について、概観する。薪能主催者については、その半数以上の52%が実行委員会形式で行われている(図1-3)。実行委員会形式とは、薪能開催趣旨に賛同する

                         団体・個人により組織される団体のことであり、委員会会則[1][2]などを持つ。

                       その中で民間主導の薪能は、81%。行政主導の形態は19%であった。また、民間について具体的に見ると、寺院・神社が22%で民間(市民・企業・団体)が56%を占めている

                         ことがわかる。さらに詳細にみると下図のようになる。(図1--4)

 

                                                                                図1-2【主催者団体】

 

                                                                                図1-3【主催者内訳と主催主導別】

                          

 

                          また、行政が市制記念などの事業として行ったものを民間が引き続き運営していくといった行政から民間へ移行している型もあった(3件)。

                          以上のように、薪能は民間主導の開催運営が80%近くを占め、その半数以上は多くの団体・個人が関われるように実行委員会方式を採用し運営されている。

                         行政、寺院・神社開催の場合は、単一団体による開催も散見されるが、民間主導の多くの場合は行政を含め、地元企業、地域の市民団体や地元住民の協力、ボランティアなど

                         多様な人々の協力によって成り立っていることがわかった。

 

                      3. 主催者別継続回数

                            主催者は民間主導が80%を占めていることがわかったが主催者と薪能の継続回数についてはなにか関係はあるのであろうか。薪能の主催者別に継続回数をまとめた。

 

 

                                                                                表1-3【主催者別継続回数】

 

10回以下

11回以上

21回以上

31回以上

41回以上

民間

9

8

14

8

7

寺院・神社

2

2

2

2

3

行政

5

3

3

1

0

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                       図1-4【主催者主導別回数表】

        

                      41回以上の長期にわたる継続を数える薪能はすべて民間主導の薪能であった。具体的には、奈良薪御能[3]を筆頭に、京都薪能の63回、55回の大阪薪能、

                    53回の鎌倉薪能、52回の出水薪能と続く。なお、主催者と継続回数における相関関係は特に見られなかった。また、この中に行政主導で開催されている薪能は、

                      今回の実態調査(n=84)では東京都で行われる台東薪能と尼崎薪能の32回が最多であった。

 

                                                                                                                           表1-4【継続回数ランキング】

1

奈良薪御能

奈良県

不明

2

京都薪能

京都府

63

3

大阪薪能

大阪府

55

4

鎌倉薪能

鎌倉市

53

5

出水薪能

熊本市

52

6

上京薪能

京都市

47

7

相模薪能

高座郡

42

8

姫路城薪能

姫路市

41

                      

                      4.主催者と予算

 

                          薪能の予算については、500万以下の予算が最も多く、ついで501以上1000万円以内となっている。500万以下が32箇所、500万-1000万円が22箇所、1000-1499万円

                         が6箇所、1500万以上が4箇所、2000万以上が2箇所となった。(表1-6)

                            予算規模が大きくなるにつれて件数が少なくなっている。(図1-7)加えて、1500万円以上の開催地4箇所のうち2箇所[4]が企業の100%支援と90%の支援を受けており、

                            すなわち、予算規模が大きい箇所は、社会貢献事業の一環として行われている。

                          また、予算規模が大きい開催地は観客規模も大きいことが分かった。予算を2000万円以上計上している明治神宮薪能(観客数:2000人)、埼玉薪能(観客数:1400人:2日間)

                         であるし1500万円以上の予算を計上している京都薪能での観客数は3400人以上(2日間)で、のべおか天下一薪能では観客数は1800人に上る。つまり、能楽師の出演費以上に

                         大規模な観客数を収容する仮設舞台にともなうスペースと設営費や人件費などの費用が必要であることが読み取れる。

 

                                                                                図1-5【薪能の予算】

 

                          次に、予算規模について主催者別に集計してみると図1-8のようになった。総合的に見て500万円以内という規模が最も多い。この金額をどう見るかは様々であるが「1日で

                         500万円が飛ぶというのはかなり大きい」「行政として1日の舞台という限られた場でなくなるのは評価には厳しくならざるを得ない。」との声があった。

                         2000万円以上の予算で運営しているのは民間主導の開催しかなく行政主導が最も多いのが500万以内と行政の出費はそれほど大きくないというのが主催者別に見た特徴である。

 

                                                                               表1-5【薪能予算別主体内訳表】

 

500万円

501万以上

1000-1499

1500万以上

2001万以上

寺院神社

5

4

1

1

0

民間

21

13

2

3

2

行政

7

5

3

0

0

合計

32

22

6

4

2

              

 

                                                                               図1-6【薪能予算別主導別内訳】

 

 

                                                                                                                                            図1-7【薪能の収支】

以上

 

 



[1] 名称/所在地/会員資格/会の結成年月日/会の結成目的/目的達成の為の事業/会を運営する役員/会を運営する役員/役員選出方法および任期/会の意思決定機関について/本会則の発効期日などを設け委員会規則なるものがある。

[2] 予算・演者選定・運営組織を詳しく知るには運営母体組織の規約が肝要であると思われるという指摘を枚岡薪能実行委員会総務部長安部様からいただいている

[3] 前章にて触れたが由来は9世紀に及ぶためもっとも歴史があるとされているが正確な継続回数の記録はないという(奈良市観光センター)

[4] 遊行寺薪能で三浦藤沢信用金庫が94%を出している。また、明治神宮薪能は間組の100%出資で当該企業の社会貢献事業として行われている。また同趣旨で深大寺薪能は潟Vダックスが100%地域のために出資して運営している。