• press release

慶應義塾大学 SFC 研究所 ソーシャル・ファブリケーション・ラボと 株式会社オカムラは、脱炭素社会・資源循環型社会への移行を促す 「リープサイクル」コンセプトに基づくオフィス家具デザインを発表

2021年11月24日

慶應義塾大学SFC研究所 ソーシャル・ファブリケーション・ラボ(代表:田中浩也 環境情報学部教授、以下 ソーシャル・ファブリケーション・ラボ)は、地球環境時代のものづくりの指針として、「リープサイクル」と名付けた、3Dプリンタを用いた新たな高付加価値リサイクルのコンセプトを提唱しています。このコンセプトをオフィス家具分野で社会実装するため、株式会社オカムラ(神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村雅行)と共同で、具体的なオフィス家具のデザインを開発・発表しました。
これは、環境省「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」における「バイオポリエチレン家具3Dプリント製造実証事業」および国立研究開発法人科学技術振興機構センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにおける「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」の研究をもとにした応用研究の成果です。

 

詳しくは、プレスリリース(ファイルはこちら)をご覧ください。

【配信元】慶應義塾大学 湘南藤沢事務室 学術研究支援担当

 

 

記事一覧へ次の記事へ
研究者
研究所に
寄付をする