• press release

ユーザにやさしいスマホ通知の「今でしょ!」を科学する
最適タイミング検知AI技術でプッシュ通知の開封効果を60%超向上に成功

2019年8月8日

Yahoo! JAPAN研究所との共同研究による世界初の大規模性能評価から実用化達成

慶應義塾大学環境情報学部教授 中澤仁研究室の大越匡特任准教授(大学院政策・メディア研究科)らは、Yahoo! JAPAN研究所 (ヤフー株式会社)との共同研究で、AIによるプッシュ通知の最適タイミング検知技術の、実製品における効果実証と実用化を達成しました。同社の「Yahoo! JAPAN」アプリ(Android版)製品上で世界初の大規模性能評価を実施し、最大60%超の開封率向上効果や、多様な状況での有効性を確認しました。

詳しくはこちら(プレスリリース)をご覧ください。

【配信元】
慶應義塾大学 湘南藤沢事務室 学術研究支援担当

記事一覧へ次の記事へ
研究者
研究所に
寄付をする