xSDGコンソーシアム

xSDG Consortium

URLhttp://xsdg.jp/
代表者
蟹江憲史
政策・メディア研究科教授
連絡先
コンソーシアム事務局
E-mail:xsdg@sfc.keio.ac.jp

概要

多様で複雑な社会における問題解決をSDGs(SustainableDevelopmentGoals)という切り口で実現するため、2017年10月にxSDG・ラボ(エックスエスディージーラボ)を設立しました。本ラボの活動の一環として、企業および自治体からの参画を募り、「xSDGコンソーシアム」を形成します。本コンソーシアムから、SDGsによる先進事例や優良事例を作り、日本から世界に発信して、スケールアップを目指します。

目的

SDGs達成へ向けたアクションの優良事例の創出

活動内容

1)SDGsに関する政策や実施の最新の動向に関する情報提供・情報交換

  • SDGsの国際動向や国内実施、指標、政策の動き等に関する情報提供、情報交換

2)SDGsのアクションのノウハウの提供と共有

  • 共同研究の実施と、それによるSDG推進優良事例の創出
  • IoT、地方創生・・・といった課題とSDGsを掛け合わせた時のソリューションにつながる研究の推進
  • 分科会を立ち上げることにより、従来の境界線を越えた(業界横断の)基準や目標、そしてアクションを創出する
    -ソリューション、アクションにつながる分科会の設定と議論の深化(先行例として「SDGsによる基準作り(ゆるやかな認証)」分科会の設置、金融ガイドラインの検討など)
    -分野別2030年ターゲットの検討
  • コラボレーションの機会創出
    -コラボレーションの創出による優良事例、SDGs対応の方法論の構築

成果

  • 年次報告書の発行
  • SDGs優良事例に関する書籍出版
  • 分科会での検討成果(例えば、分野別SDGガイドラインや認証基準、分野別ターゲットなど)

研究活動計画の概要(1年目)

1)「コンソーシアム・ミーティング」(年3回程度)の実施

  • SDGsの最新情報共有の場を提供
  • 「国連」「各国政府」「海外企業」「投資家の動向」「海外アカデミアの議論」「日本政府の動向」「国内の潮流」、などの分野によるテーマを提供
  • 疑問点の共有と議論の場を提供するプラットフォームとして機能。例えば、企業と自治体のマッチングなども行う

2)デジタル・プラットフォームの提供

  • 会員メーリングリスト、メールマガジンの配信による電子媒体での情報提供

3)「年次報告会」(年1回)の実施

  • コンソーシアムや共同研究などの成果を公開

4)『年次報告書』の発行

5)分科会の実施

構成メンバー

蟹江 憲史代表 政策・メディア研究科教授
代表、統括
植原 啓介 環境情報学部准教授
ICTとSDGs
川本 充 政策・メディア研究科特任講師
企業とSDGs
加藤 文俊 政策・メディア研究科委員長 / 環境情報学部教授
地域活性とSDGs
国谷 裕子 政策・メディア研究科特任教授
SDGsの実施、ラボの研究成果発信、情報発信
佐久間 信哉 政策・メディア研究科特任教授
地方自治体とSDGs
田中 浩也 環境情報学部教授
デジタルファブリケーションとSDGs
玉村 雅敏 総合政策学部教授 / SFC研究所所長
地域活性とSDGs
村井 純 環境情報学部教授
IoTとSDGs
吉崎 仁志 環境情報学部准教授
指標とSDGs

(学外協力者)
川廷 昌弘:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン SDGタスクフォースリーダー
OPEN 2030 Projectメンバー 関係する省庁など

戻る
研究者
研究所に
寄付をする