• press release

3Dデータ処理技術を応用し、より快適な義肢装具の開発が可能に ~新たなデータ設計技術により、単一素材から多様な触感を表現することに成功~

2019年12月2日

慶應義塾大学環境情報学部田中浩也教授、同仲谷正史准教授らは、JSR株式会社(代表取締役CEO:エリック・ジョンソン、以下「JSR」)との共同研究で、3Dプリンタを用いて触感、通気性、重量を自在に変化させることのできる単位格子と、それを連続的に分布させ、形状内部に配置することのできるデータ設計技術を研究開発しました。本成果と、過去に研究開発した身体の形に合わせた形状の作成を支援する3Dデータ処理技術を組み合わせることで、義肢装具などの身体にフィットするものを、より高品質に作ることが可能になります。今後は、JSR株式会社と医療用インソールへの応用に向けた研究開発を進めます。

詳しくは、プレスリリース(ファイルはこちら)をご覧ください。

【配信元】慶應義塾大学 湘南藤沢事務室 学術研究支援担当

記事一覧へ次の記事へ
研究者
研究所に
寄付をする